JP / EN

ラヴェルの組曲「鏡(Miroirs)」にインスピレーションを受け、現実と幻影(Mirage)が交差する− デジタルアートを駆使した空間、光、音楽がダンサーの身体に反射する。

原作/演出/ピアノには約20年にわたる欧州での演奏活動を経て近年帰国した福井真菜。ダンサーは、数々の受賞歴をもち、振付/演出家として新国立劇場を始めとし、多数の作品提供を行なってきた平山素子。国内外でダンサーとしての研鑽を積み、ストリート、またアカデミックなシーンでも数々の受賞歴を持つダンサーで役者のカズマ・グレン。ヴィジュアルプログラミングは、プログラミングによる表現で、国内外問わず、様々なアーティストのライブビジュアルやMVを手がけ、アルスエレクトロニカでの受賞歴を持つ神田竜(Kezzardrix)が務める。

鏡のなかにみる“自己”という存在と他者の“眼差し”から見える自己存在との矛盾を軸に、“世界/全体”と個との調和と関わりについてを無限に問いかける。

鏡のなかの鏡 / Spiegel im Spiegel

日時

2020年12月5日(土)
15:00 開場
15:30 開演

公式ホームページ
出演
平山素子 × カズマ・グレン × 福井真菜

会場
茅野市民館マルチホール(長野県茅野市塚原一丁目1番1号)
会場チケット

全席自由(人数制限あり)
前売 3,000円
当日 3,500円
※未就学児は入場不可
※高校生以下、障がい者および同伴者は入場無料
※ご入場の際に学生証を確認いたしますので、お持ちください。
※ご入場の際に障がい者手帳を確認いたしますので、お持ちください。

ライブ配信チケット
プレイガイド

茅野市民館 Tel:0266-82-8222
オブジェ・アー Tel:0551-45-9474
チケットぴあ(Pコード163344)0570-02-9999

制作

【作/演出】
福井真菜 岩田渉

【演出/振付】
平山素子 カズマ・グレン

【ビジュアル・プログラミング】
神田竜(Kezzardrix)

【舞台映像ディレクション】
大川原諒

【衣装】
スズキタカユキ

【監修/芸術監督】
岩田渉

【デザイン】
松井香奈枝

【WEBデザイン】
齊藤晃(n-dim)

【配信・撮影】
Media Stream Inc.

【企画・制作】
一般社団法人オブジェ・アー/高橋創業

【主催】
「鏡のなかの鏡」制作実行委員会

【共催】
茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造

【協力】
MuseuM Concert Series実行委員会/イデア ノート

【映像機材協力】
株式会社レイスリー

【協賛】
Konel、HERE、M8インターナショナル、ほか

【後援】
茅野市、茅野市教育委員会、富士見町、富士見町教育委員会、原村、原村教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

お問い合わせ

一般社団法人オブジェ・アー
TEL  0551-45-9474
メール info@objet-a.art